お正月の初売り

お正月になると、特に女性の方は待ちわびているものがあるのではないか。
何よりも楽しみにしている人も多いはずだ。
何だかわかるだろうか。
そう、バーゲンである。
お正月のバーゲンは1年で一番お買い得の時だ。
1年の総決算であるため、夏のバーゲン以上の値下げが期待できる。
消費者はそのお買い得な時期を楽しみにしている。
その分、売り手側は1年で一番のかき入れ時でもあるため、悠々としたお正月を過ごすことができない人も多いのだろう。
初売りと言って、新聞を取っているお宅ではお正月にたくさんの広告が挟まれてくる。
街のウインドウや街頭看板、電車の中吊り広告にもデカデカと打ち出されているのを目にする。
そのために、12月は欲しいものを我慢して、バーゲンまで待っている人も多いのだろう。
バーゲンが始まるギリギリの年末に欲しいものに目星を付けておく人もいるのではないか。
初売りと同時に行われるのが、福袋である。
洋服から雑貨、おもちゃや食品・・・いろいろなものがある。
値段以上のものが入っているお得感と、あの中身が見えない、開けるまでアタリかハズレかわからないドキドキ感がたまらない。
最近では電化製品や車、宝石と言った高価なものまで福袋として販売しているようだ。
また、あるデパートでは昨年流行した言葉にちなんだものを福袋として販売し、話題を集めているところもある。
毎年どの売り場も思考を凝らした福袋が販売され、消費者は年々エスカレートして行く福袋商戦にマンネリしてしまうため、斬新でいてお得感が満載なものを提案し続けなければならない売り手は毎年大変である。
その福袋を目がけて、商店やデパートではお正月から大変な賑わいを見せる。
人気のお店では、ものの数秒で完売してしまうところもあるのだとか。
寒い中、前日から並んで購入する人もいるようだ。
素晴らしい気合である。
毎年購入している人にとっては、お正月には欠かすことのできないものになっているのだろう。
中身の良し悪しで今年一年の運気を占っているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*