海外旅行保険選びなら

格安の海外旅行保険を簡単に比較できる情報です。

お正月の挨拶

2015-03-25 10:30:48

すでに師走も気が付くと半ばまで過ぎてしまい、お正月がすぐそこまで来ている。
皆さんはお正月には欠かせない、年賀状の準備は済んでいるだろうか。
お正月を迎えると同時に届く挨拶状。
お世話になった人や恩師、なかなか会えない人や親戚、友人など、日頃の感謝や健康を願って送る、日本のとても素晴らしい文化だ。
私は毎年欠かさず送ることにしている。
よく会う友人、何年も会っていない友人、会社の上司、同僚、お世話になっているお稽古の先生、そして家族。
お正月の寒い中、郵便屋さんが一軒一軒配ってくれる。
それが届くと、新年からとてもあたたかい気持ちになる。
そんな年賀状も、お正月には欠かせない行事のひとつだ。
前々から計画的に進めている人もいれば、ギリギリになってやっと動き始める人もいる。
どちらのタイプだろうか。
私はどちらかと言うと後者の方だ。
やらなくては、と気づくのはいつも早めなのだが、なぜか次に気付いたころにはヤバいっ!と思うことが多い。
そこを直さなくてはいけないところなのだが、ついつい先延ばしにしてしまう悪い癖である。
今年はと言うと、やはり既に25日まで3日となっている。
早く始めなくてはいけない。
毎年パソコンでデザインと写真、そして表書きを印刷する。
そしてそこにコメントを書くと言う流れだ。始めてしまえば早いものなのだが、やはりデザイン選びや写真選び、書きたいことがたくさんある中で収まるように言葉を選んで行くとなかなか思うように進まない。
パソコンを使って印刷はするが、必ず手書きの言葉を添える。
一緒に言葉も印刷してしまえ簡単なのだが、せっかく送るのにそれでは淋しい。
一言でも手書きで言葉が添えられていると、機械的なものだけでは伝わらない、送り手の気持ちも伝わるはずだ。
目上の方に送る場合は言葉使いなど注意が必要であり、細かく言えば、マナーや賀詞、適さない言葉があったりもするが、やはり贈る側の気持ちがこもっていることが一番大事だと思う。
それを示すためにも、よいお正月迎えるためにも、早速取り掛かろうと思う。

Leave a comment